karugma40542com22129 のすべての投稿

本気のあなたを伝えます!知り合いから断られずにお金を借りる方法

まず日払いのバイトで5千円以上稼ぎます。

次に一番お金を貸してくれそうな人を誰でもいいので探します。

 

その人に事情を説明して「10万円借してほしい」と頼みます。

 

その時、ただでは申し訳ないので今日、日払いで稼いだ給料から「手数料として千円払わさせて下さい」とお願いしましょう。

 

頑張ってお金を集めたアピールをします。

これでも恐らく、あなたが一番お金を借りやすそうと思っている人は、あなたの現状を知っているハズなので相手は返って来ないと思い断るはずです。

 

もしここで、すんなり借りれたら成功です。

断られたら減額してお願いしましょう。

 

6万、4万円とだんだん減額させて伝えるのがポイントです。

相手は根負けして4万円位で借してくれると思います。

 

万が一渋られたら手数料を2千円に上げて絶対に返すと約束しましょう。

もうここまで来たら後は簡単です。

 

この時点でバイト代5千円、借りたお金4万円。手数料2千円としても手元に4万3千円出来ます。

 

後は繰り返しです。借してくれそうな人からお願いして行きましょう。

そして必ず大きい金額を希望額と提示してダメなら減額です。

 

必ず手数料を払い、必死さのアピールが重要です。

 

それでも足りなければ、売れる物を売る。

役所に行き借りられる場合もあるので相談に行く。

 

ここまでは現実的な方法ですが後は非合法な方法かギャンブルに頼るといった確実性の無い勝負をするしかありません。

たかが10万円の為に犯罪を犯すのであれば土下座でもして一週間でも待って貰いましょう。

 

あなたが本当に必死だった姿、経緯を伝えれば何かが変わるはずです。

ロボットに説明するわけではありません。

 

そこには必ず人間が関わっているからです。

ブラックでも最後まであきらめずに10万円を用意するには

ブラックになるほどお金を借りているという状況まで追い込まれていると、さらにお金を用意するというのは容易ではありません。

 

業者からお金を借りるのは困難な状況にあるということです。

とはいえ、闇金に手を出すと大変なことになりますのでそれ以外の方法を考えなければなりません。

 

緊急小口資金貸付

 

ひとつ検討できるのが緊急小口資金貸付を利用することを考えてみることです。

急いでお金が必要な場合や、一時的に生活が困難になってしまった場合に無利子で小口の資金を貸し付けるというもので10万円ならばなんとかなるかもしれません。

 

貸付限度額が10万円になっているのですからその上限まで申請ができればお金を用意できるということになります。

もちろんこれを利用するに当たっては幾つかの条件がありますのでそれをクリアすることが求められてきますが、闇金に手を出すよりはずっとよいものです。

 

友人・家族

 

もし、それも難しい状況であれば最後に頼るのは友人であり、家族になるかもしれません。

友人や親などの家族は本当に追いつめられていることがわかれば情が出てきますので助けてあげたいという気持ちになるものです。

 

誠意を示すことが大切ですが、あきらめずに、また恥ずかしさなどを捨ててわらをもつかむ気持ちで近づくならば10万円を用意してもらえるかもしれません。

 

場合によっては土下座も必要になるかもしれませんが、真剣なお願い、できることはなんでもして絶対に10万円を用意するという強い気持ちがあればなんとかなるものです。

多重債務でも10万円を即日で手にする意外な方法

私の彼氏は今でこそ借金もなく普通に暮らしているのですが、数年前までは事業の失敗もあって、お金に苦しんでいました。

多重債務の状態になって、ブラックに認定されてしまったのです。

 

こうなるともうどこもお金を貸してくれません。

支払いを前にして途方に暮れたと当時を振り返る時がありますね。

 

ですが私の彼は諦めなかったのです。

頭をひねって即日で10万円程度の借り入れに成功したのです。

 

具体的に言いますと、まずはクレジット現金化です。

クレジットカードのショッピング枠を現金化してくれる会社を見つけて、現金を用立てたのです。

 

幸い10万円以上の空きがあったので、即日でお金を手にしました。

 

ただしこの方法はショッピング枠が空いている事が条件になります。

しばらくしてまた支払いに困る事になった彼は、今度こそ駄目かと思ったそうです。

 

しかし、最後の勝負に出たのです。

ギャンブルではないですよ。

 

いや一か八かという点では同じかも知れないですね。

 

駅の売店でスポーツ新聞を買うと、求人欄の作業員募集に片っ端から電話をして、給料の前借りが可能かどうかを確認していったのです。

 

断られ続けましたが、その内の一つの会社が、直接話を聞きたいと言ってくれたのです。

急いで建設現場横の事務所に向かって社長さんに誠意を持って説明すると、少しの沈黙のあとに、分かったと10万円を渡してくれたのです。

 

もちろんそのあとに必死で働いたのは言うまでもありません。

このように多重債務の人でも諦める事はないですよ。

方法はあります。