電話確認なしのキャッシング利用で安心

職場へのキャッシング会社による電話は、在籍確認という、身元の確認の一環で行われることなので、通常避けて通ることはできません。勤務先の電話番号を嘘の電話番号にしておけば、少なくとも電話は繋がりませんし、勤務先に疑われることもありませんが、同時に審査に通過することもできなくなります。

 

職場への連絡をどうしても避けたいというのなら、在籍確認なしとうたっているキャッシング会社を利用するのが、最も確実な方法です。信用の確認は書類で最小限に済まして、一つの契約にかかる時間や手間をカットしよう、といった目的の元とられるこの手段は、とにかくたくさんの利用者を集めたい大手の消費者金融にて多く見られます。特に即日審査に力を入れているキャッシング会社は、スピード審査を実現するために、電話確認を省いていることが少なくありません。

 

ただ電話確認は本質として、信用を高めるための行為なので、キャッシング会社に信用が置けないと判断されてしまえば、リスクの回避として慎重な確認にさらされることは免れません。

 

具体的には身分証明書のコピーの文字がところどころつぶれてみにくかったり、収入証明に一年以上前の書類が提出されているなどすると、真実を疑ったキャッシング会社によって、ひっそりと電話確認がされてしまう可能性があります。

 

提出用の書類は、しっかりと文字が確認できる最新の書類にして、申し込み用紙にも間違いがないように気を付けて、手続きを行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です