海外プリペイドカードは年齢関係なく持てて家族から簡単に資金援助も得られるので便利!

海外プリペイドカードは、小学生からでも購入できるマネーカードと言っても過言ではなく、限度枠の広いクレジットカード
のように無駄遣いや盗難のリスクがほとんどなく、限られた預金でお金の遣り繰りをしながら健全な海外生活を過ごせる利点があります。

 

プリペイドカードは、基本的にカードに先にお金をチャージして海外でのショッピングやレストランの飲食代として決済する形になるので、入会審査は必要なく、利用履歴も個人情報機関に記録が残らないメリットもあります。
又、海外プリペイドカードの最大の強みは、外貨への両替手数料が空港より抜群に安い事で、もし残高が不足しそうなピンチの時は日本に住む家族から代理入金もしてもらえるので、利用時のトラブルが大変少ないです。

 

しかし頻繁に本人以外の家族からカードにお金をチャージしてもらう予定がある場合は、カードの新規申し込み時に委任状も一緒に提出する必要があるので、期間には十分余裕を持って申請しないといけません。
ちなみに海外プリペイドカードは、クレジットカードのように取引ごとにポイントがザクザク溜まる還元サービスが原則なく、ショッピング保険や旅行中の緊急サポートもそこまで手厚くないのが一番の欠点です。

 

しかし最近は暗証番号の配布で不正使用を防ぐサービスや、万一紛失してしまった時のスペアカードを無料で提供するキャッシュパスポートのような特典満載のプリペイドカードも出てきてるので、購入するカードのブランド比較はしっかりして最適な1枚を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です