外国人が日本でお金を借りるために必要なもの

外国籍の外国人が日本でお金を借りたい場合、どうすれば良いのでしょうか?

そもそも外国人でもお金が借りられるのか、まずはそこが気になってしまいます。

 

 各金融機関で審査の基準は異なるかもしれませんが、たとえ外国人でも日本でお金を借りることは可能です。

ただ、日本人がお金を借りるのに比べて準備しなければいけない書類があります。

 

まず、身分証明書はもちろん必要ですが、それ以外にも書類を必要とします。

その書類が、在留カードや特別永住者証明書です。在留カードは在留者に交付される証明証で、これを必要としている金融機関があります。

 

また、在留カードだけではなく、特別永住者証明書も同じように借りるとき有効な証明書です。

 

 これらの証明証でどれが必要とされるかは、各金融機関によってルールが違います。

ですので、それはホームページ等を参考に調べ、できるだけ借りやすい金融機関を選択することが大切です。

 

わざわざ条件の厳しそうな金融機関に融資を申し込んでも、融資の条件をもともと満たしていなければ融資してもらえないです。

 

 それ以外で気をつける点は、日本人がお金を借りるときと変わらないです。

仕事をしていて収入がしっかりしていることは大事ですので、とりあえず仕事をしていれば借りられるチャンスはあります。

 

また、借りるときはサービスのシステムをよく理解し、トラブルに巻き込まれないよう注意しなければなりません。

特に返済期限や返済額は慎重に確認し、ミスしないことを心がけるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です