無職の人はクレジットガードの現金化を考えてみよう

無職の人がお金を借りようとしても消費者金融などのキャッシングでは貸してくれません。

消費者金融は働いている人にしかお金を貸してくれないんです。

 

理由は貸し倒れリスクがあるからです。

消費者金融は貸し倒れリスクを極端に嫌いますのでこれはあきらめた方が無難です。

 

一方、無職でも貸してくれるのは闇金です。

闇金はきちんと届け出ていない消費者金融ですので、無職の人にでも貸してくれます。

 

その代り金利が極端に高いんです。

ですので闇金でお金を借りることは絶対にやめた方が無難です。

闇金は暴力団の資金源になっているので、取り立てが恐ろしく大変なことになります。

 

そこで唯一の方法がクレジットカードの現金化です。

クレジットカードの現金化とは商品を購入してそれを店で買い取ってもらうという方法です。

こうした現金化を専門に扱っている店がありますので、こうした店に行けば現金化することはできます。
でもこのクレジットカードの現金化には様々なデメリットがあります。

たとえば10万円借りたいというとき11万円くらいの買い物を購入したことになりますので、金利に直すとかなりの高金利になってしまうんです。

 

この方法は実はカード会社との契約違反でこれがバレてしまうとカードが使えなくなってしまいます。

ですのであまりやらない方が実は無難です。

 

でもどうしても必要というときにはこの方法が唯一の方法だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です